今、フォトグラファーである私は厨房で長ネギを切っている。


『今、料理人である私は料理の写真を撮っている』なら


よいのかもしれないのだけれど



私はネギを、長ネギを切っている。



研いだばかりの包丁をJAZZのテンポに合わせながら


トン  ツン  トン  ツン   ツン  ツン  トン



ネギはJAZZのように切れてゆく




わけがない。





単調な作業をこなしている時というのは



色々な思い出が走馬灯のように廻る。



風邪をひいて寝込んでいた小学校時代



両手いっぱいに買い物ふくろを抱えて帰ってくるオカンの事や



木の切り屑のいい匂いのオトン。



そして仕組まれた自由の中で盗んだバイクを買わされた事や※©尾崎豆




なぜ、ネギを切りながら、涙を流しながら、俺は昔の思い出にひたっているのか。



このままでは店が潰れてしまうってのに。



何を書きたいのかわからなくなってきた。



アーティストのMOGURAと午前2時から賄いを作って



3人で食べた。




作っているのはMOGURAのT2です。




こうしているうちに



早いもので明日は土曜日なんだね。



明日はなにするのですか。