000566240006
©GotaPhotograph

しばらくほったらかしにしておいたハッセルのフイルムバック。フィルムが
入っているとは知らないで12枚撮り終えているのに更に12枚一生懸命撮っていた。
(よかった〜仕事の撮影じゃなくて…)そして現像してみると2年前に撮った
相方さんの写真が写っていた。
どーりでこのシーンの写真がないなぁ〜って思ってたんだよね。笑



話は変わり、
犬や猫などは飼い主の声のトーンで、感情を読み取る力を持つらしいですね。
僕も相手の言わんとしていることや感情をよく耳で読むみたいな。
目に頼りすぎた昨今の人類は耳で読む力を極端に退化させてきた。


僕のアートフォトスタジオカフェにいらっしゃるお客様の声を聞いてても
おもしろい。

僕が落ち込んでいて、カラ元気を出そうとしている時にもお客さんが
『元気ないっすね?』と声をかけてくれたり、逆にお客さんの声のトーンで
感情が伝わってきたりもする。

写真も、静止画だけれどもビンビン伝わってくる写真ってあるっしょ。
あれは、被写体の感情というよりも撮る側の感情なんですよ。
上手なカメラマンは感情をうまく写真にのせて表現するらしいですね。


000566240005
©GotaPhotograph

鳥取県にある山の上の公園で昼ごはんを食べていると藪の中から一人の
老いた少年が現れた。彼は売るために山の木の葉を集め、それらを両手に
びっしり持ちながら左の胸ポケットには裸の現金を数十枚入れ、
多分孫が帰省した時の忘れ物であろうハイカラなサングラスを掛けながら
僕に話しかけてきた。

しかし、この辺りは海も近いこともありナマリがあって、実際なにを言っているのかは
解らなかったが長生きしてほしいとおもった。



山と




写真と




人は




おもしろい。





GOTA