DSC_7319
©MOGURA T2


DSC_7336
©MOGURA TAKU



最近、肝臓が悪いのかジンゾウが悪いのか…背中のインナー左側の筋肉に
激痛が走る。それで慈恵第三病院に電話してみたら受付はAM11時までと
いうではないか。それでは安静にと…事務作業をしていた。

しかしこの激痛、安静にすればするほど痛い。そして横になると不思議と無痛。
まぁ、先が長かろうが短かろうが今日を死ぬほど精一杯生きるだけである。
人間は、死ぬ気でやれば何でもできるというのは本当らしい。悔やむくらいなら
死んだと思って挑戦してきたのが僕の人生だ。だから悔いはない。



人間は、【覚悟】を決めると目つきが変わる。今までの眠そうな眼が覚醒され
ハンターの眼に変わる。そして時間と周りの人々を大切にする。


それが出来ないのは、【覚悟】が決まっていないからだ。


そうやって、本物の人間が出来上がる。



丁度1年前になろうか。【MOGURA】というアーティストが大阪から上京し狛江に
住み付き、なにやら男二人で4畳半の部屋に住んでいるという興味深い二人に
出逢った。

若い頃から音楽家に憧れて、一時はそれを諦めるも【覚悟】を決めて二人は上京した。
僕は、若手の歌い手やギタリストにそうそう魅かれる事は無いのだけれど、今回は違う

一通りの旋律の中に隠されたなにか魂を感じた。写真だって惹きつける1枚には魂が宿る。
ワザとらしいビブラートやテクニックもなく、シンプルなのにそこに魂があることによって
ボーカルのTAKUの声はどこまでも共鳴し続ける。




先日、札幌のBOOTYの社長の愛娘であり歌手を目指して上京した昔から可愛がっている
愛子がに来た。 実は前日にギタリストのT2に愛子の音源を聴いてもらい、二人で
セッションしてもらった。



もちろん愛子の歌唱力も凄かったのだけど、前日に曲を聴いただけで翌日にはLIVEを
出来る状態まで持って行くT2のプロフェッショナル性に感動した。
そしてTAKUの声の太さ。生音で歌っても他の歌手を圧倒するくらいの肺活量としびれる
声が、きっとこれから日本、いや世界に届く二人になるのは間違いない。

そんな二人のLIVEとGOTAアートフォトスタジオカフェの1周年記念パーティを開催するんです。


ということで、広告の写真をとろうではないか!
どんな写真がいい?なーんて考えて、多摩川に飛び込んじゃおうぜぃ!
という何とも私が考えそうな単純な構想から撮影はスタートした。



DSC_7394
©GOTA



よし、二人とも!そこからはしってきてくれい!

本気で走ってね~!!!!




DSC_7383

きたきたきたーーーー!!!

DSC_7384


まだまだまだーーーー!!!



DSC_7376


もっっと上にジャンプするよ---に!!!!

DSC_7386_2



そして、その走りをよこからじーっと見つめるプロデューサーさん


DSC_7395



そして、出来上がったのがこちらです


名称未設定-1



1周年、そしてMOGURAのLIVE!是非ともお越しください!!











  にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村