Love Face 300 No.11.12.13

ami01
©ami



edit1
©ami


maekawa19
©maekawa


risize
©Maekawa


risize2
©Mari


risize
©Mari


先週も狛江のLove Face 300のうちのNo.11.12.13を撮らせて頂いた。

バックペーパーが足跡で汚れて、その部分を切り伸ばしながらつかっていたのだけど、とうとうバックペーパーの芯までとどいてしまった。どういうことかというとトイレットロールを使い果たし芯に行き着いた模様とおなじである。

バックペーパーを買う為に貯めておいたお金は、家賃にまわった。なんともお金というのは天下の回りものだと痛感する今日この頃。写真をとらせてくれる方々の笑った顔を見るといつもこう思う。この場所をなくしてはいけない。あと288人撮るんだ。笑力は僕だけでなくそれを見るどんな人も、言葉が通じない国のひとも幸せにする。




僕が23歳。スコップを持って泥だらけになって働いている頃、生活を一変させてくれるひととの出会いがあった。それがセBOSS、バスチャンと裕子社長だ。
昨日裕子社長が東京にいらっしゃったもので、二子玉川にあるセルフサービスフレンチ『トキオプラージュ ルナティック』へ行った。

写真 2015-07-08 13 51 36

多摩川を一望できる3階のオープンテラスのこのお店は、狛江からポタリング中に発見したおもしろいフレンチレストランだ。しかし土砂降りの中なんとも美味しいこのフレンチ。

写真 2015-07-08 13 55 01

写真が斜めで申し訳ござらん。

このあとは自由が丘の熊野神社に行くと梅雨のせいか神聖なる霧の中参拝をしたのだが社長からこのような神がかった霧がある雰囲気を英語で『スプーキー』という。とおしえてくれた。多分スプーキーだったとおもう。


懐かしい話や、不思議な話を進めながらいい時間をすごさせてもらった。
社長とぼくは昔からシンクロニシティやセレンディピティをよくキャッチする。びっくりしたのは僕が上京する2年前に『2年後に上京する!』と宣言していたそうだ。本人のぼくは覚えていないのだけれども無意識に2年後上京していた。さらに驚いたのは母から教えられたことなのだが、僕の上京した日は祖母の命日であり飛行機が新千歳空港を発つ時刻が祖母が息を引き取った時刻とおなじだった。


昨日、社長に新たなる宣言を誓った。3年後には叶っているだろうか。この宣言は有言実行とは逆に誰にも言わないでおく。

また、社長とお話しできる日まで自分を磨きこみたいと思う。


さて、本日も雨の中誰をどうよろこばそうか。




GOTA